アルピニズムの誕生日

150年前の今日はスイスの象徴山マッターホルンは初めて登頂されました。エドワード・ウィンパーとジャン・アントン・カレルの登山レースにはウィンパーの登山隊が勝った後、ザイルが切断し4人は1400m下に落下して死亡した。その時以来現在までマッターホルンには毎年8~10人の登山者は亡くなります。

この南西ドイツ放送ラジオ番組の題材はマッターホルンの初登頂やアルピニズムの歴史や文化です。討論者は

です。

この1938年に撮影されたルイス・トレンカーの映画は、マッターホルン初登頂の悲劇を語ります。

20世紀の最も有名な登山家ラインホルト・メスナーはこのラジオ番組に最近出版されたマッターホルン初登頂についての本を紹介します。

メスナー氏の印象深いマッターホルンの経験をこちらご覧ください。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください