ボローニャ過程

私がフライブルク大学を卒業した後、ドイツの大学制度は抜本的に改革されました。例えば、私の取得した、Magister Artiumという学位は、今の大学制度では存在しません。。その代わりBachelorとMasterと呼称される学位があります。ドイツだけではなく、全ヨーロッパの大学制度改革過程は「ボローニャ過程」と呼ばれています。私はもう長い間日本に住んでいるので、学生からドイツの大学について質問されると困ります。ドイツの変化を見逃さないように、ドイツのマスコミ報道には常にアンテナを張っていなければなりません。

昨日部屋を掃除しながらドイチラントラーディオ・クルトゥーアの対話番組を聞きました。その番組でギーセン大学の学長ジョイブラト・ムカージー教授とビーレフェルト大学の社会学者シュテファン・キュール教授がボローニャ過程のメリットとデメリットを評議しました。聴取者は電話やメールで番組の間中に問いを発しました。もちろん私も掃除を中止して、ドイチラントラーディオ・クルトゥーアにメールを送りました。

昨日の対話番組の第一部分がこちらからダウンロードできます。私の質問は番組が始めた21分後答えています。二部第分はこちらからダウンロードできます。番組についてこのウェブサイトをご覧ください

ボローニャ過程」への4件のフィードバック

  1. 私はフライブルク大学から卒業した以後ドイツの大学制度は基本的に改革されました。

    この文の主語は,”大学制度”です. なので,
    “私は” ではなく, 私が”であり, “卒業した以後” ではなく, “卒業後”か “卒業した後の”
    のほうが良いとおもいます.

    いいね

  2. ペーターさん、いつも興味深く読ませていただいています。ドイツ語学習者のallons です。ペーターさんの日本語、私なりにちょっと添削してみました。いろいろな文体があるので、必ずしも正解というわけではありませんが、参考になれば幸いです:

    「私はフライブルク大学から卒業した以後ドイツの大学制度は基本的に改革されました。」
    →私がフライブルク大学を卒業した後、ドイツの大学制度は抜本的に改革されました。

    「たとえば、私のMagister artiumと呼称された学位が、今ドイツの大学からとれません。」

    →例えば、私の取得した、Magister Artiumという学位は、今の大学制度では存在しません。

    「その代わりBachelorとMasterと呼称された学位があります。」
    →称される

    「私はもう長い間日本に住んでいるので、学生たちはドイツ大学について質問があると困ります。」
    →私はもう長い間日本に住んでいるので、学生からドイツの大学について質問されると困ります。

    「ドイツの変更を取り逃がさない用に私もドイツのマスコミから目を離せない。」
    →ドイツの変化を見逃さないように、ドイツのマスコミ報道には常にアンテナを張っていなければなりません。

    これからもペーターさんのブログを楽しみにしています!

    いいね

  3. Taka様
    コメントどうもありがとうございました。私は長い間このブログに日本語で書いていなかったので、私の日本語が段々下手になりました。私のミスを訂正する読者にいつも大変お世話になっております。

    いいね

  4. allons様
    コメントどうもありがとうございました。あなたが念入りに私の間違いを訂正しなければ、日本人読者にはこのブログを読むのは辛いですね。いつも大変お世話になっております。

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください