名字

昨日(2月21日)は国際母語デーでした。私の母語はもちろんドイツ語です。でも、実というと両親と話すとき標準ドイツ語ではなく南西ドイツの方言で話します。国際母語デーの誘因と成って南西ドイツ放送第二チャンネル(SWR2)はドイツ語の名字(Familienname)の専門家フライブルク大学のコンラート・クンツェ教授とインターヴューを放送しました。そのインターヴューにはクンツェ先生がドイツ語の名字の本源と意味を説明しています。クンツェ先生はマインツ大学と協力してドイツ語の名字地図を作っています。

名字」への2件のフィードバック

  1. たぶん、私の先祖は不動産屋でした。或いはもっと前の先祖は、人類の大部分が洞窟に住んでいた時、もう家に住んだ人でした。必ずドイツ語圏の南部の人でした。なぜなら南ドイツ語の方言を喋る人々は[s]と[z]の違いが区別できません。そのため、私の名字にスペルのミスが入りました。私は自分の名前の発音を一生懸命に練習します

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください