データ保護の先駆者

今週のSWR2 Zeitgenossenというラジオインタヴューのゲストは旧ギリシャの首相の兄スピロス・シミティス氏です。シミティス兄弟は1950年代に法律を勉強するためにドイツに来ました。スピロス・シミティス氏は大学を卒業した後、ギーセン大学とフランクフルト大学で法律を教えました。
1970年にヘッセン州の世界最初のデータ保護法にシミティス教授は影響を及ぼした。
南西ドイツ放送ジャーナリスト、エゲルト・ブルーム氏はシミティス氏をデータ保護についてだけではなく、ギリシャの歴史もシミティスの移民もギリシャ語もドイツ語についても聞きます。
その番組はこちらからダウンロードできます。番組の情報がこちらに載っています

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください