お帰りなさい

ドイツから帰国した日本人の観光客はよくドイツの自然に熱狂しています。でも、日本に比べると、ドイツの自然動物の種類は少ないです。たとえば、ドイツの首都ベルリンのシンボル動物のクマは、約200年前に絶滅しました。でも、同時に絶滅したオオカミは21世紀にまたドイツに帰って来ました。東ドイツのラウジッツ地方には2000年からオオカミの群れが定住しています。ドイツのオオカミに興味がある人は、このSWR2 Wissenラジオ番組を聴いてください。その番組の原稿はこちらからダウンロードできます(PDFファイル、68,3KB)

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください