聞き取り

去年私はこのブログでドイツ語のポップス音楽について書きました。1970/80年代にはドイツのラジオで英語(イギリスや米国)のポップスとドイツ語のシュラーガー(日本の演歌と似てる歌)だけ放送されました。「だけ」ではなく...勿論、例外もありました。その例外のバンドはドイツ語のポップスのパイオニアでした。たとえば、ウード・リンデンベルクのパニック・オーケストラはそのパイオニアの中で最も有名に成りました。最近、youtubeで昔の歌やビデオが見えますね。私は、先週ウード・リンデンベルクの歌を発見しました。ある人は昔の歌に新しいアニメを作りました。私にはとても面白かった。ちょっとドイツ語の聞き取り練習をしましょうか。このビデオ

を数回見てください。歌詞の単語をできるだけたくさん書き取って下さい。ビデオにはヒントがたくさんありますね。

やりましたか。歌詞の意味が分かりましたか。確認のため歌詞をここでご覧下さい。

聞き取り」への5件のフィードバック

  1. Ich habe den Eindruck, dass die deutschsprachige Musikszene im Ausland – mit wenigen Ausnahmen, ich denke dabei an Schlager wie “Du”, “Ein bisschen Frieden” usw. – nur wenig wahrgenommen wird, und meine Tochter ist dabei m.E. eher “Ausländerin”.
    Aber immerhin finde ich es schon bemerkenswert, dass dieser “alte Sack” nochmals einen Treffer landet.
    Gruss aus B. und gute Nacht.

    いいね

  2. Hello Seri!

    I hope you don’t mind me answering your comment in broken Japanese.

    Seri様
    コメントどうもありがとうございました。ドイツ語の聞き取りはやっぱり難しいですね。この歌の歌詞を読みましたか。読むと内容だいたい理解しましたか。

    ウード・リンデンベルクの音楽はどう思われますか。「Cello」は1973(昭和48)に発行されたから、私に懐かしい印象を与えます。

    ところで、次のコメントをbrokenドイツ語で(in gebrochenem Deutsch)書いたらどうですか。

    近いうちにまた私どものウェブログへお越しください。

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください