バッハの後任

今週の南西ドイツ放送Zeitgenossenと言うラジオ番組のゲストはライプツィヒ聖トマス教会合唱団の指揮者ゲオルク クリストフ・ビラー氏でした。ビラー氏はドイツの音楽教育に対して批判的な意見を吐きます。番組の情報はこちらに載っています。インターヴューがこちらで聴けます

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください