時人

南西ドイツ放送第二チャンネル(SWR2)には毎週の土曜日にZeitgenossen(時人)と言うラジオ番組を放送します。その番組には有名な学者、音楽家、作家等がインターヴューで自分の人生を思い返します。
前週の土曜日、1930年チェコのブルノ市に生まれた、1938年亡命した哲学者エルンスト・トゥーゲントハット氏は、自分の人生や哲学について話しました。トゥーゲントハット先生は、戦後、マルティン・ハイデッガーの学生になるためにドイツに帰りました。1960年代ハイデッガーから離れて、分析哲学や言語哲学に移りました。
哲学に興味と45分暇がある人是非このインターヴューを聴いてください

以下のアドレスを自分のポッドキャストクライエントにコピーペーストすると、Zeitgenossenを無料予約できます。
http://www.swr.de/podcast/xml/swr2/zeitgenossen.xml

時人」への1件のフィードバック

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください