幼稚園でドイツ語を学ぶ

ドイツの大きな都市には移民の人口が多いです。例えばベルリンにある地区には人口の40%ぐらい母国語でドイツ語を話しません。その地区の子供たちは皆バイリンガルに成ると思っていますか。ドイツの言語専門家によるとその子供たちの中に、バイリンガルではなく、doppelt halbsprachig (ダブル・ハーフリンガル)な子供たちがたくさんいます。と言うのは、両親の母国語もドイツ語も下手です。
このSWR2 Lebenラジオ番組は、この問題の新しい解決を探しているベルリンの幼稚園を紹介します。

番組のオーディオファイルがこちらから、原稿はこちらからダウンロードできます。

幼稚園でドイツ語を学ぶ」への2件のフィードバック

  1. 面白い番組だね。コピーしていいかしら。。ありがとう。

    しかし、日本人にとって分かりにくいことですね。日本の幼稚園で先生が中国語で話したら、どうなるだろう。

    いいね

  2. コメントありがとうございました。
    世論によると世界の言語の価値が同じではないかもしれません。例えばドイツの社会にはトルコ語の価値が低いです。日本の社会には中国語や韓国語の価値が低いです。現在、世界中最も価値の高い言語はやっぱり英語ですね。言語ランキングのトップグループには、日本でドイツ語も含めていますね。(ドイツにはたぶんフランス語やラテン語などトップグループです。)このラジオ番組に紹介されている幼稚園の先生たちは、言語差別を承諾しません。それは嬉しいことだと思います。

    近いうちにまた私どものウェブログへお越しください。

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください