二十歳の老練兵

大学講師の仕事の利点は、毎日若者と会えることです。私と学生の年相違はだんだん広げていますね。でも、私はもう長い間日本に住んでいますから、ドイツ人の若者の状態や考え方は殆ど知りません。たぶん、そのドイツ人の若者は私にもう「外国人」に成りました。たとえば、今週の Die Zeit紙には、4ヶ月間アフガニスタンで兵役した二十歳のドイツ人について記事が載っています。アフガニスタンから帰った後、その若者は、自分の父(50歳)に戦争の体験を語っています。私の世代には、いつも老人は若者に戦争の体験を語りました。現在のドイツには逆です。我が国は複雑な国に成ったと思っています。
Die Zeitの記事がこちらで読めます。

ところで、今日はアフガニスタンから悲しいニュースがあります。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください