ドイツの児童文学

今週のSWR2 Wissenにはドイツの児童文学の歴史を語って、児童文学と教育の関係を論じます。たとえば、「蜜蜂マーヤ」と二十世紀の前半の愛国心論はどんな関係があるご存知でしたか。

ドイツ文学、ドイツ史など興味がある人、是非このラジオ番組を聴いてください。

オーディオはこちらから、原稿はこちらからダウンロードできます。

ドイツの児童文学」への3件のフィードバック

  1. もちろんドイツ語が話せます。でも、このブログを日本語で書いています。宜しくお願いいたします。

    (誰かoasenhoheit様のためにこのコメントをドイツ語に翻訳していただけませんか。)

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください