作曲家のパネルディスカッション

現在「ハイデルベルクの春」と言う音楽祭はその有名な南西ドイツの都市に開催されています。私の好きなラジオ局SWRは昨日その音楽祭からパネルディスカッションを放送しました。ディスカッションのテーマは作曲を教えるや学ぶことです。パネリストは三世代のドイツ人の作曲家、ヴォルフガング・リームマティアス・ピンチャービルケ・ベルテルスマイヤーです。リーム先生の話し方はどんな印象を与えますか。よく外の人の話を遮っていますね。ちょっと私の話し方と似ていませんか。それはやっぱり我々南西ドイツ人の癖です。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください