ネイティブではない人のドイツ語

世界中有名な児童文学の作家アストリッド・リンドグレーン(1907~2002)はぺらぺらドイツ語喋られたとご存知でしたか。このラジオ番組には長くつ下のピッピの「母」は自分の生涯や子供についての意見を語っています。番組の初めに” … wenn ich nur fließend deutsch sprechen könnte!”と言っているのはやっぱり遠慮の表現でしょう。聴きながら、リンドグレーン氏のドイツ語に間違いに気づくとコメントに書いてください。番組の詳しい情報はこちらに載って、原稿はこちらからダウンロードできます。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください