少子化

「先生!『しょうしか』はドイツ語でどう言えますか。」と先週大学生から訊かれました。
「えーーーーと...ショウシカ...」と答えながらこう考えました。Kleiner Hirsch(小鹿)じゃないでしょう。馬鹿な日本語ですね。でも、僕は全知の先生だから、学生たちの質問を全部答えられないといけない。また、諦めまたくないでした。
「ちょっと、この紙切れに漢字で書いてください。」
「少子化」
「あっ!分かりました。最近この話題はドイツにも大人気です。でもドイツ語でどう言いますか。『Kinderarmut』?『Geburtenrückgang』? 両方も100%当たりません。うちでwww.wadoku.deで引いてください。」
www.wadoku.deによると「Sinken der Geburtenrate; Trend zu weniger Kindern」です。
ところで、クリスマスの前、私の大好きなラジオ局SWR2の横断的なテーマは世代の関係でした。もちろん「少子化社会」もそのテーマに含めています。お勧めは、SWR2 Wissenのシリーズからこの2つの番組です。

Die Verpflichtung der Generationen (世代の間の責務)
原稿はこちらからダウンロードできます。


Jung gegen Alt(若き対老い)

原稿はこちらからダウンロードできます。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください