ドイツには栗の木を見たことがありますか。南西ドイツのプファルツ地方には古代ローマの時代からCastanea sativa(学名)と言う栽培植物があります。今週のSWR2 Wissenと言うラジオ番組のテーマはヨーロッパの栗とその歴史や文化です。最近ドイツのグルメーレストランで栗を材料としている料理が人気になりました。私は来日したからだけ初めて栗が入っている料理を食べました。
番組の情報はこちら、mp3ファイルはこちら、原稿(rtfファイル)はこちらにあります。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください