愛国心論

最近ドイツにも日本にも政治家に愛国心が要求されています。このDeutschlandfunkのラジオエッセイにはドイツの記者マティアス・グレッフラート氏はPatriotismus(愛国心)と言う概念の歴史や意味を説明して、現在の議論を批判します。28分48秒間、一所懸命集中して、この複雑なエッセイを聴いてください。
このエッセイの原稿はこちらからダウンロードできます。

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください