都市計画

日本の都市とドイツの都市はどう違うんですか。もちろんドイツと日本の都市開発の歴史には共通性は少ないです。ドイツの待ち作りの歴史に興味がある人に、このSWR2のラジオ番組を勧めます。こちらで直接聴こえます。こちら原稿がダウンロードできます。日本語に訳し難い単語(Sozialwohnung, Bausparkasseとか)はこの番組で説明されています。ところで、番組の中でインターヴューされたハルトムート・ホイサーマン氏は私と親戚があるかも知れないけど、会ったことがありません。

都市計画」への4件のフィードバック

  1. Hallo Herr Häußermann. Ihr Kontakt habe ich von Mixi bekommen.

    Ich habe von Jan. 2000 bis Feb. 2002 von Ihnen Deutsch bei Onichi-kyokai in Shibuya gelernt. Nachdem ich für 3 Jahre in Düsseldorf gearbeitet habe, habe ich mit meinem Deutschen Freund Henning, der damals in Reutlingen gewohnt hat, geheiratet. Jetzt wohnen wir mit twei Katzen in Stuttgart.

    Mein Deutch ist ziemlich besser geworden als vor 4 Jahren – hoffentlich – aber ich bin sehr begeistert dass Ihre Japanische Kentnisse sooo toll geworden sind. Vielleicht hatten Sie schon damals auch, als ich bei Onichi gelernt habe, aber sie haben das gut versteckt!

    Als Sie uns mal getippt haben, zur Zeit spreche ich mit meinem Man in Japanisch zu Hause. Aber wir reden wahrscheinlich in Deutsch in Japan, damit beide die Sprachkenntnisse behalten können 🙂

    Ich hoffe, dass Sie sich endlich an mich erinnert haben. (Leider war ich aber nich eine gute schulerin …) Also, alles Gute.

    いいね

  2. バッハ様、
    コメント真にありがとうございました。とても喜んでいました。ドイツ語は本当に上手になりましたね。(もちろん、ドイツに行った前に良い基礎を作ったから;-)

    ドイツの生活どう思いますか。ブログも作りましたか。URLを教えてください。

    デュッセルドルフからシュツットガルトへ引っ越したとき、カルチャーショックが受けませんでしたか。シュヴァーベン方言分かりますか。

    私はよくポドキャストでSWRラジオを聴きます。面白い番組があると、それをこのブログで学生たちに勧めます。日本人に面白そう番組かヴェブサイトを見付かったら、連絡してください。

    それでは、明日の授業を準備しなければならないから...

    ご主人とMixi様に宜しくとお伝えください。

    (ところで、Mixiさんは誰でしたか?)

    いいね

  3. ホイザーマン先生、お返事ありがとうございます。Mixiについては、AttilaWurmさんが書いてらっしゃる通り、日本で最も有名なSNS(Social Networking Site)です。欧日協会のコミュニティがあって、そこでこのサイトを教えてもらいました。

    ところで、デュッセルドルフからシュトゥットガルトに引っ越した時に受けたカルチャーショックは、以下の二点です

    1.人々が親切でのんびりしている

    デュッセルドルフには、ドイツ語が全くできない日本人駐在員やその家族が多いためか、私は店などで「どうせドイツ語ができないのだろう」と、不快な態度を取られたことが多々ありました。例えば、パン屋で順番を抜かされたり、レジで挨拶されなかったり、という些細なことですが。

    それに比べて、シュトゥットガルトは、2.の「治安が良い」ことにも関連しますが、不法滞在の外国人などが少なく、車関連の日系企業も進出しててよいイメージがあるせいか、東洋人に大して偏見が少ない気がします。よくいえば「のんびりしている」で、ちょっとわるくいうと「田舎モノ」って感じでしょうかね。

    2.治安がよい

    去年の10月からここ(Stuttgart市内)に住んでますが、実はうちにカギをかけたことがないです(同じ建物に大家さん以外が住んでいない、ということもありますが)。強盗や車上あらし(車の窓を割られてカーステを取られた)などの噂も聞かないし、ほんと、静かで安全な町だと思います。デュッセルドルフでは、中心地に車をとめるときはアンテナとカーステをはずしておかないと盗まれる、というのが常識だったのですが。

    シュバーベン人はケチだといわれますが、確かにその通りだと思います。同僚や周りのドイツ人を見ていると、かなーり色々な工夫をしてお金を貯めてる。ガスが高いから、という理由で、薪(木です)の暖房を自作してる人とかもいるし。私も彼らから学んで、日本にいたころよりは全然お金を使わなくなりました(まあ、もともとケチだったこともありますが。)

    Düsseldorfの後、Reutlingenに住んだ1年間は最悪でしたので、その後に移り住んだこの町は、実際よりよく見えるのかもしれませんが、私はStuttgartでの生活がとても気に入ってます。

    ホイザーマン先生にドイツ語の基礎文法を楽しく教えていただいたおかげで、ドイツ語もまぁまぁなんとかなっています。とっても感謝してますよ!

    ではでは、今後もこのサイトを楽しみに、読ませていただきます 🙂

    いいね

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください