ギュンター・グラス

ドイツのノーベル文学賞受賞者ギュンター・グラスは最新の小説「Beim Häuten der Zwiebel」(玉ねぎを剥きながら)で、自分が武装親衛隊の会員であったことを、初めて公にしました。
この Deutschlandradio Kulturのインターヴユーで、グラス氏は自分の過去やその小説の由来について語っています。インターヴューの原稿はこちらに載っています。
(録音はグラス氏の最初の答えで始まります。)

コメントお願いします。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください