啓蒙とは何か

Aufklärung ist das Zeitalter der Allgegenwart des Nominalstils. Nominalstil ist die Folge des Unvermögens, sich aussagekräftiger Verben und Adjektive ohne Verwendung komplexer Nominalphrasen im Übermaß zu bedienen. Allgegenwärtig ist dieser Stil, wenn das Ziel nicht die Schönheit des Ausdrucks durch das Zusammenfügen ebensolcher Verben und Adjektive nach den Regeln der Grammatik und des Wohlklangs, sondern die Erzeugung des Anscheins von Klarheit durch die Aneinanderreihung von Substantiven (nomina) vermittels des Genitivs ist. Habe Mut, dich des Genitivs zu bedienen! ist also der Wahlspruch der Aufklärung.

カントに基づいて自由に

アドベント

は何ですか。ウィキペディアによると、 イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことです。日本にはクリスマスの前にどこのお店でも ジャズ音楽が流されています。何でアドベントにはいつもジャズですか。たぶんイエスはアメリカから日本に来ると思われています。私はジャズが好きですけれども、日本の12月にジャズが聞きたくない、食傷気味かもしれません。その為にこのブログで今まで、毎年の12月にクラシック又はバローク音楽を勧めました。

今年は例外でジャズを勧めます。今月の7日にドイツのジャズ巨人ヘルベルト・ヨースが亡くなりました。ヨース氏のフリューゲルホルンを楽しんでください。

ヘルベルト・ヨース(1940~2019)

お勧め読書

Die Menschen scheinen einen Hass auf ihr Dasein zu entwickeln, wenn es außerhalb des Netzes stattfindet. Demonstrationen zum Beispiel oder in eine Partei einzutreten, Mahnwachen, Widerstand – all das Zeug ist unattraktiv, mühsam, außerhalb macht man nur noch Aktionen, wenn sie Gewalt und Hass beinhalten, damit sie im Ansatz ein Online-Gefühl erzeugen. Sonst bleibt man besser im Netz. […] Was macht es mit dem Menschen, wenn er einerseits nur noch glaubt, was online stattfindet, dem aber zutiefst misstraut. Ohne eine Ahnung zu haben.

Berg, Sibylle. GRM: Brainfuck. Kiepenheuer & Witsch, 2019年, p. 209.

ジビュレ・ベルクの新しい小説はハイペース( BPM135 – 150程度 )で読まなければなりません。

30年前の今日は…

…第2ドイツテレビはこのニューズを放送しました。

私はその時ドイツに住んでいませんでした。私は1989/1990年に住んでいた町で1983年に、この映画が撮影されました。

(撮影現場 カンザス州の ローレンス 市)

冷戦はヨーロッパに30年前の今日に終わりました。それはドイツ史の一番幸せな日でした。

私は今、東洋の宿河原に住んでいます。東洋に冷戦が始まったばかりでしょうか。その考えは悲しいです。

冠詞

Neulich im Restaurant wurde mir wieder ein “Kotelett vom Iberico-Schwein” angeboten. Ich verstehe diese Formulierung nicht, ich denke immer, es muss doch viele Iberico-Schweine geben, oder gibt es wirklich nur eines? Das Iberico-Schwein? Das muss aber supergroß sein!? Wo ist es??

Kittlitz, Alard von. 「Politiker auf Demonstrationen: Das Kotelett der Macht」. Die Zeit, 2019年10月26日. Die Zeit, https://www.zeit.de/2019/44/politiker-demonstrationen-justin-trudeau-shadiq-khan.

この冗談が分かると、貴方のドイツ語読解力は強いです。

自動小銃言語

私は最近ユーチューブで「Glottisschlag」を検索して、このヴィデオを発見しました。

コニー・クラウゼ氏は 何でドイツ語は自動小銃の音と似ているのは説明しています。

「Glottisschlag」は日本語で声門破裂音と呼ばれています。発音記号で書くと[ ʔ ]です。その声門破裂音と語末音硬化(Auslautverhärtung)の為に(標準)ドイツ語の発音は外国人に硬い印象を残します。英語とドイツ語は同じ西ゲルマン族の言語であるのに、発音は全く違うですね。私は数十年前に大学の英語発音授業で声門破裂音と語末音硬化を避けるように一生懸命練習しました。(その時のイギリス人の発音先生は満足したかどうか、私は覚えていません。)逆にして、ドイツ語で声門破裂音と語末音硬化を注意深く発音練習してください。