私の母国語は…

…ドイツ語ですか?
実は私の家族で喋られているドイツ語﹅ ﹅ ﹅ ﹅ このドイツ語Kurpfälzisch
ジョイ・フレミング(1944~2017)

このドイツ語Schwäbisch

の間のドイツ語﹅ ﹅ ﹅ ﹅ です。というのは、私は両方の歌の意味が分かります。このブログの読者の中に(私以外)それを分かる人がいますか?

広告

翻訳者の書斎

ドイツ語

Am Anfang das Wort und das Wort an den Gott und das Wort für dich.

参考文献 https://translate.google.com/?client=firefox-b&um=1&ie=UTF-8&hl=de&client=tw-ob#view=home&op=translate&sl=el&tl=de&text=%E1%BC%98%CE%BD%20%E1%BC%80%CF%81%CF%87%E1%BF%87%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82%2C%20%CE%BA%CE%B1%E1%BD%B6%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%CF%80%CF%81%E1%BD%B8%CF%82%20%CF%84%E1%BD%B8%CE%BD%20%CE%B8%CE%B5%CF%8C%CE%BD%2C%20%CE%BA%CE%B1%E1%BD%B6%20%CE%B8%CE%B5%E1%BD%B8%CF%82%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82. (2019年1月13日)

Japanisch

初めに言葉、そして神への言葉、そしてあなたへの言葉。

Quelle: https://translate.google.com/?client=firefox-b&um=1&ie=UTF-8&hl=de&client=tw-ob#view=home&op=translate&sl=auto&tl=de&text=%E1%BC%98%CE%BD%20%E1%BC%80%CF%81%CF%87%E1%BF%87%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82%2C%20%CE%BA%CE%B1%E1%BD%B6%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%CF%80%CF%81%E1%BD%B8%CF%82%20%CF%84%E1%BD%B8%CE%BD%20%CE%B8%CE%B5%CF%8C%CE%BD%2C%20%CE%BA%CE%B1%E1%BD%B6%20%CE%B8%CE%B5%E1%BD%B8%CF%82%20%E1%BC%A6%CE%BD%20%E1%BD%81%20%CE%BB%CF%8C%CE%B3%CE%BF%CF%82. (13.01.2019)

グーグル翻訳がまだなかった時に翻訳者は本当に気の毒(気の独?)でしたね。

フローエ・ヴァイナッハテン !

今年のクリスマス挨拶ちょっと遅刻になって御免なさい。
私は40前位、フラインのポザウネンコールの楽団員でした。そのポザウネンコールは時々、村の教会の塔から吹きました。フラインのポザウネンコールは今年もその伝統を固執しています。このヴィデオを楽しんでください。


ところで、今のポザウネンコールは40年前のポザウネンコールより上手になったと私は思います。フラインの皆さん、ありがとうございます。

円唇母音(発音練習)

ドイツ人の歌手(バス・バリトン)クラウス・メルテンスのバッハ(?)のBist du bei mirの演奏を見てください。メルテンス氏はドイツ語のuとüとöを発音すると唇を注目してください。自分でその母音を発音すると、唇がどうですか。鏡を使って比べてください。

Bist du bei mir, geh ich mit Freuden
Zum Sterben und zu meiner Ruh.
Ach, wie vergnügt wär so mein Ende,
Es drückten deine schönen Hände
Mir die getreuen Augen zu.

 

 

誕生日

200年前の今日、西ドイツのトリーア市でカール・マルクスは生まれました。誕生日ということで色々なイベントが行なわれています。例えば、今日の午後、トリーアで中華人民共和国の政府がくれたマルクス像が除幕されています

私のお勧めは、昨日の南西ドイツ放送第二チャンネル(SWR2)のラジオディスカッション(Forum)です。討論者はトリーアのカール・マルクス展覧会を監修したベアトリクス・ブヴィエー教授、フランクフルト大学の経済歴史家ヴェルナー・プルンペ教授、ジャーナリストと翻訳家トーマス・シュタインフェルト教授、番組のホストはトーマス・コッホです。